Pipopa Organization

Pipopa Organization  読書が大好きな、英語専攻の学生Pipopaによるブログ形式のウェブサイト。オススメ書籍の紹介や英語学習関連のポスト、雑記・日記などを掲載。  あとたまにPC/IT関連、PCゲーム、音楽系ポストもする予定♫ (ノ><)ノ e-mail pipopa.org[at]nifty.com

Wikipedia記事翻訳:Barry Seal バリー・シール

Amazonプライムビデオで、

バリー・シール/アメリカをはめた男

という映画を観ました。

映画は実話をもとにつくられていて、バリー・シールというアメリカ人パイロットが主人公です。

この記事では、Wikipedia英語版のBarry Seal記事を翻訳してみます。

Text is available under the Creative Commons Attribution-ShareAlike License.


概要

 アドラー・バリーマン”バリー"シール 1939年7月16日-1986年2月19日はメデジン・カルテルの主要な麻薬輸送会社となったアメリカの航空会社のパイロットだった。シールが密輸の罪で有罪判決を受けたとき、シールは麻薬取締局(DEA)への情報提供者となり、いくつかの麻薬関連の裁判で証言をした。

 1986年、メデジン・カルテルの頭であるパブロ・エスコバルに雇われた殺し屋に殺害された

名前:アドラー・ベリマン・シール

誕生:1939年7月16日 アメリカ合衆国ルイジアナ州バトンルージュ

死没:1986年2月19日(46歳) ルイジアナ州バトンルージュ

死因:銃殺

国籍:アメリカ合衆国

職業:パイロット、麻薬密輸人、銃密輸人

罪名:麻薬密輸の共謀

配偶者:リン・ロス(1963-1971)、バーバラ・ドッドソン(1971-1972)、デボラ・シール・デュボア(1973 - 1986年に死ぬときまで)

子供:5人


生い立ち

 ルイジアナ州バトンルージュで生まれたシールは、十代で航空機の操縦をはじめた。彼の飛行インストラクターによれば彼はとても才能のあるパイロットだった。

16歳で学生パイロット資格、17歳で個人パイロット資格を取得した。

 1961年にシールはルイジアナ州軍に入隊し、6年間所属した。米国陸軍空挺学校を卒業したが特殊部隊の訓練はうけなかった。


初期のキャリア

 1964年に航空技術者として、トランス・ワールド航空(TWA、吸収され現在は存在しない)に入社した。そしてすぐに、ファースト・オフィサーその後キャプテンに昇格した。そしてボーイング707の西ヨーロッパ定期空路でパイロットをつとめた。シールはTWAの707機長のなかでもっとも若かった。

 シールのTWAでのキャリアは1972年に破局をむかえる。ダグラスDC-4を用い、メキシコにプラスチック爆弾を密輸する陰謀に関与して逮捕された。この事件は最終的には検察の不正行為のために1974年に棄却された。だが、TWAは、療養休暇を取得して陰謀に参加していたシールを解雇した。


麻薬密売人としてのキャリア

 シールがDEAの情報提供者になった後に作られた声明によると、1976年に少量のマリファナの密輸を始めた。しかし1978年には、重量あたりの利益が比較的大きい、コカインを主に扱うようになった。

 1979年12月に、シールはホンジュラスで逮捕された。ホンジュラスの警察はコカインを見つけられなかったが、M-1ライフルを見つけ、シールは1980年7月まで投獄された。そのことにもかかわらず、シールはアメリカに帰国後、彼の密輸の仕事を拡大し、パイロットとして、彼の元妻の兄弟のウィリアム・ボトムズを雇った。1980年からボトムズはシールの密輸業で主要なパイロットととして働き、シールは密輸を監督した。

 その後、シールはメデジン・カルテルのために、麻薬密輸業者及び、パイロットとして働くようになった。シールはコロンビアとパナマから莫大な量のコカインをアメリカに密輸し、一回の飛行で130万ドルをも稼いだ。

 成功の後、彼は故郷のルイジアナから、アーカンソー州メナにある空港施設、メナ山間部市立空港に事業を移し、多くの航空機を売り買いして運営した。


情報提供者としての働き

 シールは最終的には、麻薬密輸に関連して逮捕された。フロリダ州の連邦裁判所で起訴され、懲役10年の有罪判決を受けた。判決の後、シールはDEAに接近し、情報提供者として、政府に協力することを申し出た。連邦当局は、シールを情報提供者として扱うことに同意し、シールの減刑に協力した。シールは1984年3月から情報提供者としての仕事を始める。

 現場からの引用:コカイン捜査の指揮官エルンスト”ジェイク”ヤコブソンは、この期間、シールのDEAでの指揮者だった。ヤコブソンはいまも、当時の暗号解読装置をもっているという。彼は言う、「我々は、シールの航空機のすべてに、当時最も高価な暗号無線装置が装備されているととを発見しました」

 シールは、1984年の罪を減刑するため、麻薬取引に関することや、元従業員や仲間に対して証言することで合意した。シールが証言した者の中にはタークス・カイコス諸島の首相ノーマン・サンダースやメデジン・カルテルのメンバーがいた。そしてシールはまた、1985年10月の犯罪に関する大統領委員会で証言した。

 諜報機関によってカメラが搭載された飛行機で、シールがニカラグアの滑走路にいったことを、1988年ヤコブソンは下院司法委員会で語った。シールは、パブロ・エスコバール、ホルヘ・ルイス、オチョア・ヴァスケスなどのメデジン・カルテルのメンバーがC-123輸送機にコカインを積み込むことに関与している写真を撮った。そして、サンディニスタの内務大臣であるトーマス・ボーエ。その副官であると、シールが主張する、フェデリコ・ヴォーンが飛行機に麻薬を積んでいるサンディニスタの兵士と共に写っているところも撮影された。

 シールは、ニカラグアのサンディニスタ政府にたいする、このおとり捜査で、密輸業者と情報提供者の両方の役割を演じた。1984年にシールはニカラグアからフロリダ州のホームステッド空軍基地に飛び、サンディニスタ政府によって仲介されたとされるコカインを輸送した。このコカインは全てDEAによって押収され、フロリダのカルテルの売人には一切渡らなかった。コカインを失ったシールにたいしてメデジン・カルテルは疑いの目をむけることになる。

 エドモンド・ジャコビーによる1984年の7月17日発行のワシントン・タイムズの記事はサンディニスタ政府とメデジン・カルテルの関与を示し、シールのニカラグアでの作戦について議論している。この暴露によってシールの命は危険にさらされ、おとり捜査はすみやかに終了させられた。ヤコブソン氏は情報源の正体について「このリークはホワイトハウスの補佐官からのものだときいた」と述べた。そしてまたイラン・コントラ事件のオリバー・ノース中佐が今回のおとり捜査に関する会議に二回参加していて、彼が情報を提供した可能性もあると述べた。UPIは次のように報告している「リークされたサンディニスタの麻薬密輸への関与から、人権を侵害する反政府勢力との関わりはより美味しいものになるかもしれません」小委員会のウィリアム・J・ヒューズ委員長は、オリバー・ノースが情報漏洩の原因だと強く示唆したが、ビル・マコラム議長は「我々は誰がこれを漏らしたのかしりようがない、誰も我々に教えてくれないのだから」と述べた。ジョン・C・ローンによる証言、1988年12月にケリー委員会の報告書が発表され情報漏洩がノース中佐からのものだと結論付けられた、そのことによりノース中佐は「この問題で政治的発言をする決心をした」と述べた。ノースは国家安全保障理事会でパウラ・ホーキンス上院議員に作戦について概要を説明するよう言われたというが、彼は情報のリークにかんしては否定している。ホーキンス上院議員は彼女も、彼女のスタッフもノース中佐に説明を受けた後に情報を漏洩させたことを否定している。後にジャコビーはノースは情報源ではなかったと言っている、そして故人でダン・ダニエル議員にそれを帰した。

ウォールストリートジャーナルもこのことについて記事を書いた。メディアの取材により間接的にシールの関与が明らかになった。記事はコロンビアの麻薬カルテルとニカラグアの内務大臣に関わりがあったことを暴露している。シールの飛行機にコカインを積み込むのを撮影された人たちである。このようなプレッシャーにもかかわらず、シールは撮影された写真によって、ニカラグアのサンディニスタ政府関係者がコロンビアのメデジン・カルテルとコカインの密輸取引で関与があることを証言した。


 殺害

 1982年19日、シールは減刑によってルイジアナ州バートン・ルージュのUS61高速道路にある救助隊施設での社会奉仕活動を宣告された。そして、その日に殺害された。

 シールを殺害した、カルテルの暗殺者のコロンビア人は、シール殺害の直後にルイジアナをでようとしているときに逮捕された。当局は殺人犯はオチョアに雇われたと結論づけた。殺人犯は1986年3月27日に起訴され、1987年5月、ルイス・カルロス・キンテロ・クルス、ミゲル・ヴェレツ(2015年に拘留)、ベルナルド・アントニオ・バスクスがシールがシールの殺害で第一級殺人罪で有罪判決を受け、仮釈放なしの終身刑を宣告された。

 ルイジアナ州のウィリアム・グステー州司法長官は、証人としてのシールの保護に失敗した政府のへの批判をエドウィン・ミース合衆国司法長官に訴えた。グステーの要請により、ミースは、ルイジアナ州、マイアミ州、ワシントン州の弁護士が事件を調査し、シールが保護拘置受けているべきだったかどうかを判断する調査を開始した。弁護士たちは、シールは彼自身の判断―家族の引越しと証人保護プログラムに参加することの拒否―によって状況を引き起こしたと述べた。

 1991年、カルテルのメンバー、マックス・マーメルシュタインは1984年12月にシールを誘拐してコロンビアにつれてくるか、殺害するかのいずれかを指示されたと証言した。誘拐した場合は報酬は100万ドルで、殺害した場合は50万ドルだったという。


 私生活

シールは生涯で三回結婚して、最初の二回は離婚で終わる。1973年に最後の妻と結婚した。1986年に死亡した。最初の妻二人との間に二人の子供がいて、最後の妻との間に三人の子供がいる。